ナールスユニバの正しい使い方を解説!間違って使わないように

短期間でも効果が実感できると話題の、エイジングケア化粧品「ナールスユニバ」。

 

せっかくの効果も、使い方を間違ってしまってはその効果も半減してしまいます。

 

ナールスユニバの正しい使い方についてご紹介します。

 

 

ナールスユニバの特徴

 

ナールスユニバには、科学的根拠に基づき、お肌のハリと弾力を再生させることのできる成分「ナールスゲン」が含まれています。

 

この成分は、従来の美容液などのように「お肌に栄養を与える」というものではなく、お肌のハリや弾力を司る栄養成分、コラーゲンやエラスチンの生成を促すことのできる成分です。

 

もちろんそれだけでなく、ナールスゲンの効果を最大限に発揮するためのビタミンCやビタミンA、またお肌の保湿を守るセラミドも配合されています。

 

 

ナールスユニバの使い方

 

  1. 洗顔後、化粧水やナールスユニバのライン商品ナールスピュアなどでお肌を整えます。
  2. 清潔な指、またはスパチェラで大粒のパール粒ほどのナールスユニバを取り、手のひらにのせます。
  3. ナールスユニバを、顔にのせて円を描くように伸ばします。
  4. 目元や口元など乾燥しやすい部分は重ねづけを、Tゾーンなど脂っぽい部分は薄めに塗ります。
  5. 最後にお顔全体を温めるように手のひらで押さえます。

 

使い方で難しい点は特にありませんが、いくつか使う上で気をつけたい部分がありますので、使い方の順に沿って解説します。

 

1について

化粧水やナールスピュアを使用というところですが、直接ナールスユニバを使うよりも、まずは水分の多い化粧水で、お肌にナールスユニバの成分が導入しやすいように整えてあげる方が効果的ですので、お手持ちの化粧水でもいいですし、より効果的なのはナールスピュアを使用することがオススメです。

 

2について

手に取る量ですが、ナールスユニバは少量でも非常に伸びが良く、肌なじみも抜群ですので、大量に塗る必要はありません。

 

目安量を守って使用していただくのが効果的です。

 

また、清潔な指かスパチェラを使用しなければならないのは、ナースルユニバには、殺菌力や防腐効果の高いパラベン、フェノキシエタノール、他アルコール系防腐剤が含まれていません。

 

汚れた手には雑菌が多く、その手で触ることで商品の劣化を早め、お肌への効果も得られなくなりますので注意が必要です。

 

3について

円を描くようにというのは、塗りむらを防ぐ効果があります。

 

4について

手順は最も重要です。

 

目元や口元は皮膚が薄く、コラーゲンやエラスチンが減少しやすく小じわなどが目立ちやすい部分です。より効果をあげるためには、重ねづけが効果的です。

 

逆に脂っぽい部分というのは、皮脂の分泌によりせっかく与えた成分が排出されてしまいやすいので、少量で充分な効果が得られます。

 

5について

手のひらで温めるように押さえるというのは、温めてあげることで、よりお肌の深部へ美容成分を浸透させることができます。

 

また、化粧品成分は手のひらで押して離す瞬間に浸透しやすいとも言われていますので、必ず最後は押してあげることが効果的です。

 

 

まとめ

ナールスユニバに含まれているナールスゲンやビタミンC、A誘導体などは、分子量が非常に小さいので、お肌の深部まで浸透して効果を発揮してくれます。

 

その効果をより引き出すためには、きちんとした用量・用法を守って使用することが大切です。

 

せっかくの効果の高い商品ですから、正しい使い方でより良い効果を実感したいものですね。